石津謙介の偉業や名言のまとめ!日本の男をオシャレにした偉人!

 

 朝ドラ『べっぴんさん』で栄輔のモデルとなっているのは、

VANの創業者の石津謙介です。

 

周知の通り、VANはアイビールックの一大ムーブメントに乗って

急成長しましたが、ピーク時からわずか3年後に倒産してしまいます。

 

波乱万丈の石津の人生ですが、その後はデザイナー、服飾評論家として活躍し、

今なお「メンズファッションの神様」とさえ呼ばれています。

 

そんな石津謙介の偉業や名言をまとめてみました。

 

 

石津謙介の偉業や名言!日本の男をオシャレにした偉人!

 

スポンサードリンク

 

〈偉業〉

 

①日本人男性が世界で通用するファッションの着こなしができる

という風俗を広めた

 

当時の日本人男性は大学生までは学生服で、社会人になっても

親が作ってくれた1着の背広で1年中過ごすというのが一般的でした。

 

それを石津はアメリカの富裕層の学生のファッションだった

イビールックを提唱して、根底から覆すことになります。

 

また朝ドラ『べっぴんさん』で彼がモデルとなっている岩佐栄輔の

「日本中の男をオシャレにする」という言葉はこのような経緯を

参考にしたセリフです。

 

②日本初のメンズファッションのトータルブランドとなる「VAN」を設立

 

当時はシャツはシャツの専門ブランド、パンツはパンツの専門ブランドが

一般的で、メンズファッション一般を扱うブランドはVANが日本初と

言われています。

 

VANの登場によって、トータルコーディネートを目指すアパレルメーカーも

急増しました。

 

③TPOやトレーナー、Tシャツ、プレミアム、セールなどの言葉を発案

 

今では当たり前となったこのような言葉も、石津が昭和30年代までに

考案したとされています。

 

彼のアイデアマンとしての才能が現れています。

 

④雑誌とタイアップして商品を売るという手法を確立した

 

VANの立ち上げとともに、婦人画報社に雑誌「男の服飾」

(メンズクラブの前身)を発行部数の半数をVANが買い取るという

契約で創刊させました。

 

男の服飾の宣伝力や雑誌内でVANの通販コーナーを設けたことから、

その影響は大きかったと言われています。

 

現在では当たり前のこのようなタイアップの手法を広めたのも、

石津だと言われています。

 

スポンサードリンク

 

⑤石津謙介がいなければ、日本のメンズファッションは30年は遅れていた

 

⑥三宅一生やコシノジュンコなど、後に世界的なデザイナーとなる人物たちに

大きな影響を与えた

 

三宅にとって石津は生涯にわたって「先生」と呼んだ唯一の人物です

 

⑦住宅地だった東京・青山をファッションの一大発信源にした

 

石津の構想に賛同する形で、三宅一生やコシノジュンコらも

次々に青山にブティックを開設しています。

 

現在も青山は多くのブランドショップが軒を構えて日本のファッションの

発信源となっていますが、その起源は石津のVANタウン計画です。

 

⑧温厚な人柄で誰かも好かれ、人望も厚かった

 

VAN倒産後は残存社員たちがVAN新会社を立ち上げましたが、彼らは再び

石津を招へいしようとしました。(結局は短期間の顧問就任に留まる)

 

VANの末期には大規模なリストラもおこなわれており、多くの社員たちが

路頭に迷うことにもなったにも関わらず、このような動きもあったのです。

 

また石津の死後に生誕100年のイベントがおこなわれましたが、

VANの元社員を中心に400人もの人が集まっています。

 

このあたりは彼の人柄の良さを如実に現したエピソードです。

 

⑨死ぬまでオシャレを貫いた

 

病の床にあってもパジャマを着ることを拒み、最後はイッセイミヤケの

シャツを着たまま逝きました。

 

〈名言〉

 

男にとってファッションは、単なる着るものや流行ではなく、

生き方そのものである

 

お洒落な人より、洒落た人になれ!

 

ダンディーとは自分勝手にうぬぼれること

 

初回31日間無料!作品数・会員数No.1の動画配信サービス「dTV」

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ